3日坊主

お題スロットに頼って文章を書く練習をするブログ

好きだったテレビ番組

お題「好きだったテレビ番組」

 
同世代の人に
「土曜日の夜8時は何見てた?」とたずねると、
"全員集合派" と "ひょうきん族派" との戦いになります。
 私の身体に流れる笑いの基を作ってくれたのは『8時だよ!全員集合』。
「私の血はワインで出来ている」と語った人がいましたが、
その言葉を借りれば「私の血は志村けんで出来ている」となります。間違いなし。
テレビの前で、会場のお子様方と一緒に
「志村うしろーーー!!!」と絶叫して親に怒られたものです。
 
そんな志村大好きっ子の心をアッサリ奪っていったのが『オレ達ひょうきん族』でした。

 

オレたちひょうきん族 THE DVD (1983-1984)

オレたちひょうきん族 THE DVD (1983-1984)

 

 

東西のお笑い芸人がレギュラーで共演するなんて
当時としては革命的な出来事でした。
そしていつしか『全員集合』の事は、私の頭の中からは無くなっていました。
 
そんな中迎えた『全員集合』の最終回。

f:id:hendanekyontaro:20160523214931p:plain

 新聞のテレビ欄で、番組名の横に「終」の文字を見つけてしまった時のあの衝撃は、

今でも忘れることが出来ません。

できるかな」の最終回くらい衝撃的。

DVDがあるとはいえ、もうこのメンバーで二度と見ることが出来ないのかと思うと

何十年経ってもやっぱり寂しいなぁ。

 

ちなみに、

私の血は、志村けんの他に、

実は三宅裕司さんも混じっているという説もあります。

 

愛用しているもの

お題「愛用しているもの」

 

高校時代から、

『足の爪を切るのに、歯が横向きの爪切りが欲しい!』

と友人に力説していた者です。

 

2年程前に足の爪が変形したため、専門の病院へ行った時の事。

結局単なる伸ばし過ぎが原因ということで爪を切って終わったのですが(お恥ずかしい)、

その時に先生が使っていた爪切りが、歯が横にあるニッパー型の物でした。

切った時の心地よい音と感触にえらい感動し、

それと同時に「あ、昔こんな爪切りが欲しいと思ってたんだ」という事を思い出し、

帰宅してからすぐに爪切りをネットで探し出しました。

そこで巡り合ったのが、諏訪田製作所さんの爪切り。

 

SUWADA つめ切り Baby ベビー

SUWADA つめ切り Baby ベビー

 

 赤ちゃん用は、女性の手にぴったりサイズ。

普通の(安価な)爪切りだと切った先端がギザギザして

ヤスリをかけないと滑らかになりませんが、

これは何もしなくても滑らか。ヤスリ知らず。

そして切った時の音が最高!

「ポクッ」

多めに切ると「ボツッ」

重低音が心地よい。

またケースがカッコいい。

黒いアルミケースが、”秘密の物”っぽくてワクワクするのです。

 失くさなければ一生物!

大切に使っていきたいです。

 

  

 

修学旅行

お題「修学旅行」

 

高校の修学旅行、

一日目に神戸の超素敵なホテルに泊まったおかげで

残りの三泊は20人くらいで雑魚寝状態。

その位しか思い出す事がないのですが、

もう一つ大事な思い出がこれ↓

 

 

 

相原コージ氏の『コージ苑』。
修学旅行に行く少し前にどハマリしたと記憶しております。
旅行中に第3巻が発売になる事を頭の隅っこに記憶していたのですが、
3日目か4日目に本屋に並んでいるのを発見して即買い。
消灯時間後に仲良しさん数名で頭を寄せ合いながら笑い声を必死にこらえる様子は今思い出しても涙が出てきます(ホントか?!)
 
ここまでシュールに
ここまで感慨深く人々に訴える事が出来る四コマ漫画が今まであっただろうかとそこまで深くは思いませんが、
登場人物のキャラクターのとんでもない設定には感心せざるおえません。
安藤課長なんて
安藤課長なんてもう…
二度言っちゃったけど。
 
全3巻、
実家にあるのですが探すのが面倒なのでブックオフでまた買ったくらい愛してやまない(?)『コージ苑』。
落ち込んだ時に読むと、そんな自分が馬鹿らしくなってくるほど元気になる漫画です。
 
って修学旅行ってお題だったよなコレ…